西陣 山茶花 八寸つづれ帯

100,000円(内税)

購入数
一輪、二輪の花に感じる穏やかさ


寒さが強まる過酷な季節。
寂しい庭先に
ほんの少しの彩りとして
大切な存在だった山茶花。

その控え目で、ひたむきな優しさが
古くから日本人に愛された理由なのでしょう。

この作品からも、そんな素朴さと
穏やかな雰囲気が伝わってまいります。
生地は、さざなみ綴れという
軽くてしなやかでシワになりにくい風合い。
花弁の重なりを
綴れ特有の「はつり」を使って
見事に表現しており、
クオリティの高さを感じます。

雑踏の街中にひっそりと咲く
山茶花のような着姿も素敵だと思います。


* 新品・未仕立品
* お仕立ては無料です。お仕立てについてはこちら
* お仕立て後の返品はお受けできませんのでご了承下さい。
* ご覧のモニター環境により、色味や見え方が多少現物と異なる場合がございます。


お手元確認システムについて詳しくはこちら