玉子色地茶縞 知花花織帯

298,000円(内税)

購入数
琉球花織に新たな息吹を吹き込む「知花花織」。
読谷山、首里などの花織に比べ
極端に生産数が少なく、
琉球ファンには注目の逸品です。

戦争などで約100年の間、
失われた染織技術を一世紀振りに復元された
まさに文化継承の象徴的な花織です。

知花花織は、1人の職人が構図から
地元の山林で採れた自然染料を使い、
糸を染め大切な人を思って織り上げるという。
弊店が好む、人の手が作る
素朴さの中にある美しさを感じて頂ければ幸いです。
この意匠は、知花花織の特徴である
模様が縦方向に連続して浮く
経浮花織(たてうきはなおり)を駆使し、
刺繍のような柔らかな雰囲気を表現しています。
またタイコから前まで贅沢に柄が入っておりますので
お召しになられた際に、
素朴な中にも豪華さを感じて頂けると思います。
※コーディネイトのお着物はこちら 

  
〜美しいキモノ掲載〜



                 
* 新品・未仕立品
* お仕立ては無料です。お仕立てについてはこちら
* お仕立て後の返品はお受けできませんのでご了承下さい。
* ご覧のモニター環境により、色味や見え方が多少現物と異なる場合がございます。


お手元確認システムについて詳しくはこちら